皆が大好きなお酒を鑑定|お酒買取のコツを知ってると便利【処分してお金もゲット】|Sake Sale
瓶のイラスト

お酒は世界中の人に愛されている【お酒買取での査定法】

文化と歴史

お酒は嗜好品でもありますが、人間の歴史にずっと存在してきたものでもあります。果実酒が最も古い歴史をもっており、日本では日本酒や焼酎が作られてきました。お祭りには欠かせないもので、神聖なものして扱われていることがあります。そんなお酒を買取に出すのなら、人気のお酒やお酒に関して詳しくなっておくといいでしょう。

日本人に人気のお酒ランキング

no.1

ビール

やはりビールは日本人にとって一番親しみやすいお酒となっています。喉越しが爽やかで刺激的な点が、仕事帰りのサラリーマンに人気となり、不動の地位を得ていますが、古酒はないので買取ではあまり取り扱われていません。

no.2

焼酎

気軽で飲みやすいお酒として焼酎に人気が集まっています。焼酎は蒸留酒に分類されており、ウィスキーやブランデーと同じような扱いになっています。醸造酒に熱を加え気化させるため、アルコール度数が強いのです。買取でも人気がある品となっています。

no.3

清酒

高級なお酒として買取でも高価格が付けられる醸造酒が清酒です。日本酒ともいわれますが、酒税法では米が原料で、アルコール度数が22度までのものとされています。にごり酒やどぶろくと違い、不純物が取り除かれすっきりした口当たりのお酒です。

皆が大好きなお酒を鑑定

手袋

鑑定師がいる

お酒を扱っているお店には、鑑定士が存在しているところがあります。特に価値を付けるためには必要な存在であり、買取店にはお酒に関する資格を持っている鑑定士がいるため、なんのお酒か銘柄が分からない場合でも安心して任せられるのです。
鑑定士は利き酒をすることもできますが、基本的には買取では未開封のものを扱うので、利き酒の資格を持っていなくても大丈夫なのです。ですから、利き酒の資格の有無にこだわらなくても良いでしょう。

お酒に関する知識

それでは、実際にお酒を買取してもらう際の鑑定では、どのような知識が必要なのでしょうか。実際に鑑定するのは鑑定士ですが、お酒買取を利用する人も知っておくと良いです。
醸造酒と蒸留酒、そして果実酒に分類されるのはどの種類のお酒なのかといった基礎的なものはもちろんのこと、どのお酒がどの時代に生まれたのかといった細かい知識も必要となります。
また、このお酒はどこで作られたものなのかまで知っておくと、お酒の価値がわかるようになります。

市場価値があるかどうか

お酒の中でも清酒、ワイン、ウイスキーなどは、価値が高くなるものでもあります。やはりお酒買取店でもこのお酒は高値で取引されているのですが、人気の変動もありますので市場価値は一定ではありません。
ブランデーの中でも特にナポレオンといったブランドは人気が高く、高値になることが多いので、できるだけ銘柄は自分でも調べていくようにしましょう。